2007年05月29日

RENEWAL

すっかり更新が滞りがちなkeishisakata.blogですが、
ちょっと内容的にrenewalしていこうかなと考えています。

自分のデザインはもちろんですが、
design,fashion,music,activityなどの僕のidentity的なライフスタイルや、
そのライフスタイルにまつわるアイテムやデザインをもっと紹介していこうかなと思います。

この住み慣れてしまった福岡でも常にcreativeなものを探し出して紹介していこうかと。

お楽しみに。

posted by KC at 05:03| Comment(36) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

LAST DIARY and....

ようやく日本に着きました。

何とも言えない違和感と何ともならないアツサのなかにいます。

いつのまにか自分のロンドンのステイは終わり、そして何かがまた始まろうとしている。

なにが始まるかはわからない。

なにが変わるのかもわからない。

なにもわからない。

ただ、終わらない。

いまからがスタート。

よし、始めよう。



長い間ご愛読ほんとにありがとうございました。
みんなのおかげでここまで来ました。ほんとうにありがとうございました。
ひとまずロンドンステイは終了、でもまたこれからなにかが始まります。
俺はまだまだ止まりません。
次のブログもよろしく!!

Cheers mate. See you later!!

http://0-start.seesaa.net/
posted by KC at 04:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

1: LONDON

今日、ロンドンを発ちます。

7時間後には飛行機の中。

思えば半年前、勢いでこの街に来た。

いろんなものを見て

いろんなことを感じ

いろんな人に会った

ほんとうに来てよかった。


もうシトシト降る雨の中、灰色の建物を見ながら歩くこともない。

CAMDENやBRICKLANEを、ときたま漂ってくるマリファナの煙を感じながら歩くこともない。

凍てつくような寒さの中で、固まったOlive Oilを見ながら眠りにつくこともない。

どこぞのバレーダンサーやギタリストと、馬鹿みたいな下ネタを言い合うこともない。

パブ帰りに酔っ払ってSOHOの裏通りで友達と立っションすることもない。

いきなり酔っ払ったジャンキーにからまれることもない。

ダブルデッカーからBIGBENを見ながら物思いに耽ることもない。

無理やり薄着してクラブに行くこともなく、

バスを待ってる間知らないやつといきなり仲良くなったりすることもない。

パブのかわいい店員さんにどきどきしたり、

いろんな国の友達とアツク語り合うこともない。

でもこれで終わりではない。


言葉にならない。

言葉になれない、かたちにもなれない。

でもそれは確かに俺の心のなかにあって、

それは今から俺のデザインや人生にパワーを与えていくんだと思う。


この6ヶ月の間、ほんとにたくさんの人に支えられた。

ほんとにほんとにありがとうございました。

今これを見ている、いや見ていなくても、すべての友達に感謝です。

みんなのおかげで本当にいい時間を過ごせました。


自分のこれから進む道がどうなるかとかわからん。

そして未来を決めつけたくもない。

その瞬間その瞬間のBESTと思う道を信じ、突き進んでいく。

終着点はわからない、でもその通過点としてLONDONがあることは間違いない。


もう迷わない。

もう止まらない。

覚悟は決めた。

とことん突き進みます。


この6ヶ月間でLONDONは、俺にたくさんのものを与え、変えてくれた。

これで終わりではない、今が本当のスタート地点。

待ってろLONDON。

今度は俺がLONDONを変えてやる。


I won't say "GOOD BYE".

Thank you very much and See you again.

I'll be back.


posted by KC at 22:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2: TOMODACHI

Friends.

The most important thing in the world.

Even parents,they're my most close friends.


In London,I got so many friends.

Probably more than 50 prople...

Every single moments with my friends,I can't forget.

Without their help,I couldn't do anything.

Friends in Japan,of course you're one of my precious friends.

We can't meet but I can feel you.

In the my friends' kindness,I could enjoy my stay.


I'll leave London tomorrow.

But I won't forget my friends who I met here.

You're my inspiration.


Thank you all of my friends.
posted by KC at 10:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

3:PLACE

場所。

ロンドン、福岡、東京、パリ・・・

もちろんその街が自分に与えるものは違う。

もちろん自分に合う合わないもある。ロンドンは自分にピッタリだった。

だけど、どこにいても基本は変わらない。

そこにいるのは自分。

そこで決めるのも自分。

そこで動くのも自分。

大事なのは場所じゃなく、自分自身。

常にアンテナを張る。

常に馬鹿みたいに動きまくる。

常に決め付けることなく自由に考える。


とまらない限り、自分はどこにいてもクリエイティブでい続けられる。

ここに来る前、正直引きこもりみたいやった。

自分のまわりにあふれるプラスのものを全部見過ごしていた。

でももう違う。

もう何も見過ごさない。

自分のまわりのものすべてをINSPIRATIONにかえて突き進みたい。


“ニート”

そんな言葉が流行っている。

くだらねぇ

そんな流行俺が終わらせてやる!!
posted by KC at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

COUNT DOWN

My stay is nearly finishing.

It means this blog is nearly finishing as well.


I'll write 4 more articles in this blog.


3 from London,1 from Japan.

Perhaps,I will write more than 4 articles.

Check it out!!
posted by KC at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nationality

僕は日本人。

これだけは自分で変えようがない。


彼はイギリス人。

彼女はアメリカ人。

彼はフランス人。

彼女はスペイン人。

この世界には、たくさんの国籍が存在する。

でもそんなのまったく関係ない。

国籍から人格を判断なんかされないと信じてる。


僕はイギリス人でなければ、日本人でもない。

僕は坂田圭史。

それ以上でもなければ、それ以下でもない。

大事なのは国籍なんかじゃなく、どう生きてるか。

だれも英語がしゃべれるかどうかとか肌の色とか国籍とか気にしない。

みんなが見るのは中身。

自分の中をアツく、正直に、幸せに、そしてつよくしていきたい。

NATIONALITY<PERSONALITY

僕はそう信じている。


I'm Japanese.

I can't change this fact by myself.

He's British.

She's American.

He's French.

She's Spanish.

There're so many natoinalities in this world.

But it doesn't matter.

I believe that we won't be judged from our nationalities.


I'm no British.I'm no Japanese,either.

I'm Keishi Sakata.

I'm not more that it and less that it,either.

The most important thing is not nationality but how you live.

No one care about your English ability,colour of skin,nationalities and so on...

Everyone try to understand you from inside of yourself.

I want to make inside of myself ambitious,honest,happy and strong.

Nationality

2006年05月03日

TIME

無限だけど限りあるもの。

誰しもが老いてそのひとの時間は終わる。時間は限られてる。

だけど、時間が止まることはない。


自分の時間の中のほんの一瞬に今立っている。

自分のイギリスでの6ヶ月間、人生80年としたらそれの0.625%。

でもその0.625%の持った意味は計り知れない。

若い時間はあっという間。

確かに。この6ヶ月間ほど早いものはなかった。

ただ、時間はある。だってまだ若いから。

一瞬一瞬が意味を持ち、なんらかのかたちで俺の人生を変えていく。

その一瞬を大切にしていきたい。


生き急ぐ若者が多すぎる。

その人たちからすれば、俺はいつまでも止まってる夢みがちなガキに見えるかも。

でももっと自分の夢に”かけて”いいとおもう。

時間を”かけ”

お金を”かけ”

その夢に”賭け”て

駆けていいんじゃないかな。

とことん夢を追うあきれるほどの熱意をあきれるほど長い時間持ち続けたい。


流れる時間の中で、一瞬たりとも無駄にせず、でもあせらず着実に、

一歩一歩踏みしめて自分の夢に向かっていきたい。


なにかに挑戦する時、そのための時間はむこうからやって来てはくれない。

時間は自分で作り出すもんだ。

変わらず流れ続けるけど、作り出せるもの、時間。

これからも自分の時間を自分の手で作り出していきたい。
posted by KC at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

HATE

この世界にはたくさんのくだらないものがある。

たくさんの自分とは合わないものがある。

日本の社会も俺の中でそのひとつ。

でもあれは嫌いだ、むかつくとかは言いたくない。

なにかをHATEしたとき、その時点で俺の負け。

そこから学ぶもの、得ることが消える。

自分が間違ってると思う事には徹底的にRESISTする。

変えようとしないとなにも変わらないから。

でもそれは、その嫌なこともちゃんと見つめた上で。


この世界に確かなことなんてない。

どの道もひとつの選択肢、それはそれであり。

何を否定することもなく、何を嫌うこともなく、

ただひたすらに自分の道を信じて突き進む。

それが大切なのかな?

すべては自分の気持ち次第。

すべてのNEGATIVEなこともPOSITIVEなことも自分のINSPIRATIONに変えて、

とことん死ぬまで走りぬくしかない。

よぅし、ロンドンの空気今のうちにいっぱい吸って燃料チャージしようかね!







posted by KC at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To do something different

To do somethng diferent is really hard for everyone.

There's one way which differ from others' way.

It looks terribly hard to walk on it.

But if it's my way,I will definitely walk on it.

Probably so many people will ask me why I'm walking on it.

Maybe so many people will say I'm silly.

I have to tell my reason to them each time.

It's gonna be 100 times or 1000times..I don't know.

There're will be 100 enemies or 1000enemies..I don't know.

But I can't give up to deal with them.

If I couldn't,I don't have right to walk on this road.


I won't give up.


I will just go forward because there's my way.

Some people says my future plan is just dream.

Yeah,for them,it's just dream.

But for me,it's real.

I know it's hard.

But I want to trust myself.

That's why I want to study much much more.

Come on any difficulities!!

I will deal with all of them!!
posted by KC at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

ロンドンで・・・

いよいよ自分のロンドンで残された時間も1週間。

Time Flies・・・


僕はなんでロンドンに来たのか・・・

なんとなく分かったような、まったく見当がつかないような・・・

僕はロンドンに来て変わったのか・・・

ものすごく変わったような、なんにも変われてないような・・・


でも本当に来てよかった。

勢いで来た。

このブログの最初の方の日記に、人間が勢いだけでどこまでできるか見ててくださいって書いた。

正直自分では何ができたのかなんもわからん。
このステイの本当の意味とかなんもわからん。
それがわかるのは、1ヵ月後か、1年後か、10年後か、50年後か・・・
いつかわかる日が来るんだと思う。
それでいい。
自分が成すこと。決めるのは自分、やるのも自分。でも評価するのは人。
人が俺のステイが無駄だったと、ただの回り道だったと評価した。
たとえそれでもいい。それなら次見返してやる。

今の俺にとって重要な事。
俺はこの6ヶ月間バカになれたか。
バカなほどがむしゃらに、バカなほどに楽しみ、バカなほどに夢を追いかけたか・・・

自信持って言える。

ロンドンで俺はバカでした。

いや、今も俺は大バカです。

それでいい。それがいい!

俺は日本に帰っても止まりません。


あと1週間弱、ロンドンで感じたことを書いていきます。
いつこのブログが最終回になるかわかりません!!
でもそろそろ最終回だな・・・
じゃぁまた!!
posted by KC at 12:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

高校バトン

ちょっとしないわけにいかないバトンを見つけたので・・・

僕、高校大好きでして・・・

★まず始めに高校名は?

 修猷館

★この高校に入るためにしたことは?

 まじめに勉強してました。中学時代が学力のピークでした・・・
  
★制服は?

 学ラン。まだ着れる・・・よね?
  
★何で通ってた?

  チャリ!!これさえあればどこでも行ける!!

★部活は?

 ヨット部!最高の部活です。
 
★バイト

物理的にできません。
 朝6時 起床
 朝7時半 朝補習
 授業後 ヨット
 夜10時半 帰宅
 
★1番好きだった先生は?

あげたらきりがない・・・たくさんお世話になったなぁ・・・
 あげるなら、ダブル吉永先生、マスエ、中富先生、体育教師。。。
 あっ!!あと前川館長!!!!
 
★1番好きだった教科は?

体育・・・他は・・・・
 
★1番好きだった場所は?

運動場
 
★1年生の時の思い出は?

 ヨット部入部と大運動会との出会い。
 今までの価値観が180度変わった感じやった。
 
★2年生の時の思い出は?

ヨットと大運動会。
 
 ヨット部では後輩もできて、毎日ダッシュでハーバー行きよった。
 
 運動会では、青で棒長やりました!いやぁ毎日下ネタ叫びまくっとったな。
 相方とのマックでの下ネタ会議は忘れられません。
 
 ・・!あとテスト期間中はここぞとばかりに遊びよった!!
 
★3年生の時の思い出は?

 ヨットと大運動会。
 
 ヨットでは相方の亮くんとともにインターハイへ。
 冬でも夏でもヨット乗って年中真っ黒、感想肌。塩臭いし、練習過酷。
 でもやっぱりヨットが好き。
 
 青ブロックでブロック長やらせてもらいました!
 もう絶対忘れられん。322人の仲間と走って、叫んで、笑って、泣いて・・
 たった3ヶ月やったけど、一体何年分のことを感じて学んだんやろうか。

 とにかく最高の1年でした。
  
 
★高校の時のマイブームは?

 むずぃ・・・誰よりも先にヨットハーバーに行くことかなぁ・・・
 帰りの礼とともに、廊下ダッシュでチャリに向かってたような。
 あぁなつかしい・・・
 
★高校時代の友人に一言!

なんも言わんでも全部伝わるけんいい!!
 
★1年、2年、3年でのクラスを教えてください。

 1−3、2−7、3−10

★主にどんなことを勉強していましたか?
 
 人生勉強・・・言い訳ですよね・・・
 ごめんなさい、勉強の”べ”の字もなかったです・・・

★高校時代に取得した資格を教えてください。

  いまだになんも持ってない!!

★取っておけば良かった!と思う資格はありますか?

  ない!!他に得れるものが山ほどあった!!

★テスト順位は、学年クラスで何位くらいでしたか?

 そんなこと聞くと・・・?
  入学当初は学年で半分だったんですよ・・
  いつからやったかいな、王座に君臨するようになったのは・・・
  1年の終わり?2年のはじめ?
  ・・・要するにクラスどこやなく学年ドベでしたよ・・・
  
★休み時間は何をして過ごしていましたか?
 
 なにか食べるか、運動会期間中は学校中走りまわってました。

★放課後はどう過ごしていましたか?

  放課後の概念がない・・・
  常にヨットやったけん・・・
 
★高校時代の最大の自慢を教えてください。

 どこにもいない最高の同輩、後輩、先輩に恵まれました。
 
★高校時代の最高の思い出を教えてください。

  全部最高です。
  一番焦った思い出は、間違って女子トイレに入り、
  慌てて出たら女の子にばったり会いました・・・
  その娘は僕に
  「何も見てないよ」
  と言ってくれました・・・ありがとう・・・

★恋、してましたか?

 そりゃまぁ
 
★嫌〜な先生はいましたか?いたらあだ名も教えてください。

 嫌〜な先生やなくて変〜な先生ばっかでした。
  同じケイシという名前の、常に口につばが溜まってシィーシィーいってる化学の先生から、
”同じ名前か、よろしくね”って言われたときは返答にこまりましたが・・・
 
★高校時代に戻りたいですか?

  戻りたいけど、1回しかないからいい!
  そして、今はそれよりもあの時間を超える時間をつくりだすのに必死です。


よし、がんばろう!!
高校時代の思い出は俺をへこませもするけど、奮い立たせる!!
posted by KC at 03:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

Day169: Move out from...

I moved out from my flat into my friend's flat today!!

I'm free from prison!!!

One day,my friend came to my flat...

He said...

"This room is like prison...I'm so sorry about that.."

Yeah,I know...

My room is like prison.


In UK,there're heater called central heating in the room.
As you know,the winter of London is fuckin'cold.
It's nearly impossible to survive here without central heating...

But...I did it!!!

Now,you know why I said my room is like prison.

My room doesn't have central heating...

Do you know what's happen to the room without heater...?

Case1:
One day,when I woke up in the morning...
I had a headache..Because my hair was so cold that they made my head cold...

Case2:
One day,my breath was white...

Case3:
I don't need fridge.

Case4:
When I woke up,olive oil in the room turned into solid...
I can guess the temperature seeing the olive oil.
"Oh!! today,olive oil is normal!It's warm today!!"
"Oh god...Olive oil is like ice...It's fuckin'cold today..."
Like that..

Anyway,I got many good and terrible experiences in this room.
Thank you my prison like room!!
posted by KC at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

Day168: Revolute everyday

My stay in London is nearly finishing...

I could see many things,feel many things and meet with many people.

Each day in my stay was like revolution.
Something new happend to me everyday.
Of course they're not always good things.
But every single moment gave me the chance to think about myself and revolute myself.

6months ago,I came here.
I didn't have any reason.
Just I couldn't stop.

But now,I can say proudly it was right to decide to come here.

I got many inspirations and experiences.
Not because I was in London.Because I was trying to do something everyday.
Of course,London encourage me to be creative.
But I can do other new,creative and ambitious things even in Japan.

Think about myself everyday.
Revolute myself everyday.
And I'll create new things.

I'm 21 years old.

I don't know what happen to me next.

Fear..Anxious...lonliness....

Aim..Dream...Passion....

These negative thigs and positive things are fighting and mixing inside my body and revoluting my soul.

My life has just begun.

I won't stop.

I can't stop.

Evryday's Revolution.
posted by KC at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

Day162-166:フランスにいました

長い間更新しないでごめんなさい。
フランスに母親とイトコが来ていたのでお世話しに行ってました。

で、昨日ロンドンに戻ったのですが、原因不明の体調不良です。
あと2週間しかないっていうのに・・・
熱はない。逆に体温が低い。
食欲がない。でもおなかが痛い。
頭が痛い。無理やり動いてみたらもっときつい。
体がだるい、力が入らない。
筋肉痛がひどい。これは多分昨日パリを重い荷物かかえて歩き回ったせいだ。

FUCKOFF!!!

なんだこりゃ!?
なんでやろうか?疲れがたまったのでしょう。
人のお世話は大変です。

というわけで、全神経を回復につぎ込みます。
ブログ更新また遅れたらごめんね。
posted by KC at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

バトン フロム カジ

1)回してくれた方の印象をどうぞ!

 大きくてやさしい。
 内に秘めたアツサを持つ親友。
 となりに並ぶと親子並みの身長差ですが・・・

2)周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
 5つ述べてください。

 @バカな子
  マーク式の数学センター対策プリント2点は誰も成し得ないでしょう。
 A中年のおばちゃんと男の子にもてる子
  なんとかお尻死守しています。
 B忘れっぽい子
  現役の時、後期の願書出し忘れたなんて言えません。
  1年後は後期で受かりました・・・皮肉・・・
 C アホな子
   坂田なので。みんなに1回は言われます。
 Dなんでロンドンにいるの?な子
  なんでだろう・・・・
  

3)自分の好きな人間性について5つ述べてください。

 自分の目標を書きます。
 @アツイ奴
  アツサがないと何もできないと思う。
 A自分の道を自分自身で切り拓く奴
  そうゆう人は、黙っててもオーラがあります。
 B若い奴
  チャレンジし続ける人は、何歳になっても若い
 Cやさしい奴
  つよくないと人にやさしくできないと思う。
 Dバカな奴
  色んなことを学んだ上でバカになることは、ものすごく大事だと思う。

4)では反対に嫌いなタイプは?
 
  がんばらない人

5)自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
 
 ない。
 1秒1秒を本気で生きれば常に上に進んでいける。
 ”理想像”とかで上限をつくりたくない。

バトンまわすの苦手なのでここでSTOP!!
posted by KC at 02:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

Day155,156&157: JAPAN

Sorry for not renewaling so long time...
I was crazy about my course of Graphic design.

After the last class,we went to drink with my class mates.
What a strong drinker british people are...
Next pub,next pub,next pub,and bar....
But it was really good night.

And I met one japanese girl in this course.
She's really creative person and has quite good idea toward Japan.
We talked about Japan.

So I'll tell you my thinking toward Japan today.
If you my idea make you angry and you have another idea,I'm sorry and pleas tell me.
We can discuss about it.

I think Japan is the country which is made by fake things.
In Japan,we can get evry information about all over the world.
Fashion,design,politics..anything!!
Japanese people know many things.That's true.
But they just know.That's all.They don't have actual experience.
They don't try to make those information their own experience.
I know not everyone like that.But so many Japanese like that.
Those "fake experiences" make the cage around Japan.
Moreover Japan is the quite strong japanese society,probably it's really hard for foreign people to live in Japan.
So we tend to miss this cage around us.
For creative things,such kind of cage is the biggest enemy.
We have to notice this cage and blow it up.
Othewise I cannot see the world,even Japan.

Many European people say Japan is great,very creative country.
But if I ask them "Do you know some Japanese graphic designer?"
Their answer is "No,I don't know.But Japan is still good."
Why do they regard Japan as a creative?
What do they see?
Probably they see Edo-era or old good Japan.
These things are not made by us but people who are already dead.

What is there in Japan now?

I have no idea.
We have to start creat our Japanese creative things from now on.
Just use SUMI or WAGARA,it's not like that.
More deep,emotional and conceptual thing...

I have to study more about Japan.
There're so many things that I hate.
But I have to study about such bull-shit things,too.
Probably I can get something from them.
"The most national thing's gonna be the most international thing"
This is someone's words.
That's true.

I have to know much much more about Japan.
posted by KC at 02:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

Day154: Creativity

I'm very enjoying my course about graphic design!!
It was amazing!!

Of course,it's too short to create perfect things.
But it's enough time to make myself more creative.

Some people ask me
"When do you get some ideas? What is gonna be your inspirations?"
My answer is...anytime anything!!
It depends how you see your surroundings.
I always try to see the world as a place for inspiration.

In this course,I'm learning how to get active eyes,I think.
Everyone see things as just object.It's passive attitude.
It won't make any creativity.
But everything in the world have their stories.
For what were they made? For who were they made?
If you know design process,you can see the world actively.

Some people say "No,I cannnot do that because I don't have talent..."
No!!!Every one can be creative.
I think every job requires you to be creative.
People who can work well,peoplw who can cook well,people who can design well,Every such people have creative trick which can make their works much better and interesting.

Those tricks are very simple but hard to notice.
It's like magic.
posted by KC at 05:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

Day153:久しぶり

なにやら日本語が書けるインターネットカフェと巡りあったので今日だけ日本語で。
みなさんいかがお過ごしですか?
なんか知らんけど、ロンドンまだ寒いんですけど・・・
いくら前より薄着しとるけんって、これは・・FUCK OFF!!

時間が経つのはほんとに早い。
気付いたら自分の滞在もあと1ヶ月弱ですよ。
あぁいやだ、帰りたくない、最近これしか口からでてない気がします。
思えばいろんなことがこの5ヶ月間でありました。
そしてこれからの1ヶ月でもっといろんなことがあるんだろう。
・・・
いや、起こさないかん。
こっちに来て、ほんとに”動く”ことの大切さを感じる。
考えるのももちろん大事。
やけど、動かな何も起きんのも確か。
今日香港出身の友達に聞かれた。
「独りでイギリス行くとか怖くなかったの?」
そりゃ、不安がないといえばうそです。
テロ、犯罪、なにが起こってもおかしくない。
やけど、それよりも自分にとってプラスになることがもっと起きる気がした。
ただ、そんな気がしただけ。考えても分からんけんまず動いてみた。
そしたら、不思議と自分のまわりも動きだす。
日本にいたとき、あれこれイギリスで何すべきかとか考えよる自分を見て、
「行ってもないのに考えても無駄!!さっさ行け!!」
母親も
「さっさ行きなさい!!」
と追い出してくれた。両親とて不安はあったやろうけど。
思いのこもった放任をしてくれた両親に感謝です。

あと強く感じるのはこの言葉。
”運も実力のうち”
熱意にあふれる前向きな場所には”ツキ”が集まると自分は信じています。
ネガティブはネガティブしか生まん。
このロンドンでのことを考えても、自分が落ち込んでるときはいっこうにいいことなんて起こらんやった。
ツキやら運は自分で見つけてもぎ取ってこないかんっちゃないかいなと思う。
世界がポジティブにみえるか否かも自分次第。
だって世界を見てる目は自分のもんでしかないけん。

人生1回、楽しく悔いなく生きたいとこっちに来て強く思う。
人と違う道を進むのがきついのは百も承知。
たくさん失敗して悩むのも百も承知。
失敗して失敗して成功して、また失敗して・・・
それでもがっつり笑って胸張って生きたいです。
人間やってできんことはない、できんのはできんって思うからだ!!
たとえ40になってはげて中年太りが気になっても、
「圭史はなんか若いね」
って言われたいもんです。

たくさんお世話になってる友達やら家族へのフィードバックは自分自身が何かしらに向かって動き続けることでしかできんと思う。
それが誰かしらのひとかけらの元気になれば、ひとかけらの勇気になれば、こりゃ言うことなしだ。
この6ヶ月のステイも自分の生活はEXHIBITIONだってつもりで送ってきました。そのEXHIBITIONを見て誰かがなにかに挑戦するきかっけになればと。
あと1ヶ月、EXHIBITIONも終盤です。
気合入れてくんでよろしくお願いします。

久々日本語で書きすぎた・・・読んでくれてありがと!
posted by KC at 04:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

Day150,151&152: Graphic Design Course

Day150:Paul
I had a dinner with Takahashi and his friends.
Paul,takahashi's one of the best friends in London and he's a graphic designer.
Finally I could meet him.
He loves Japan so he can speak Japanese little bit.
It was really good fun to talk with him.
In London,there're so many chances to meet various kind of people.
That's why I love London.

Day151: Brick Lane
I went to Brick Lane,the trendy spot in East London.
It was really good fun!
There're so many small shops and markets.
Some Japanese sell their works there.
I felt it's really important to make own art works real.
I mean just sitting on the desk and making works,it doesn't make anything.
I should create actual producs which everyone can touch and buy.
Otherwise it's same to create nothing.
I hope my designs will go to those shops,in future.

Day152: Graphic Design Course

Finally,my graphic design course begun!!
Today was my first class.It was really really good.
Thanks for 5 months' stay,now I can understand what teacher says.
I caould think what creativity and graphic design are again.

"The graphic design is a bridge"

This is my philosophy of Design.
In this world,there're always people who make design and people who get those design.
When people get some information from design,people will take some action,buy something,think about something etc...
It's a some sort of communication between designer and consumer.
The consumer across the bridge(graphic design) and communicate with us to understand what we want to say.
After that,they go back to their place and take some action.
I explained this to the teacher and he's agreed with me.

I think the most important thing in the design process is story of the design.
I don't like meaningless designs.
Furthermore,I don't regard them as a graphic design.
Because it means those designs don't have any power.
In orde to get power,we have to make our creative thinking process clear.
Anyway,there're so many talented people in the world like teacher, class mates and other graphic designers in the world.
Of course,now I'm student and teacher is teacher and class mates are class mates.
But at the same time,they're my rivals.
I need much much more study,inspirations and experiences.
posted by KC at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。